小出裕章ジャーナル

記事一覧はこちら

チェルノブイリ30年「閉じ込めたところでその放射性物質がなくなってくれるわけではないので、いつの時点かでそれを何とかして始末を付けなければいけないのですが、その方策は未だにわかりません」〜第161回小出裕章ジャーナル



ラジオ放送日 2016年2月5日〜12日
Web公開 2月6日
>>参考リンク集

湯浅:
今日はですね、「チェルノブイリから30年、そこから何を学ぶか?」ということなんですけれども、旧ソ連邦で起きたチェルノブイリ原発事故、あれ1986年4月でしたから、今年が30年目ということで、そのチェルノブイリの今と、そこから見えてくることについて小出さんに伺いたいと思います。私、高校2年生でして、当時。

小出さん
そうでしたか。

湯浅:
はい。ぼーっとしていたもんですから、ほとんど覚えてないんですけれども、チェルノブイリ原発事故は原子炉の欠陥や運転員の熟練不足等が絡み合って発生し、格納容器がなかったために、炉内の放射性物質が飛散して、日本の本州に匹敵する20万平方キロメートルを汚染した。ウクライナ、ベラルーシ、ロシアで移住をせまられた人は40万人。がん等の犠牲者は、集計期間により数千人~数10万人まで諸説あるということなんですが、まず30年目を迎えるチェルノブイリ原発事故の現場ですが、今どうなっているんでしょうか?

小出さん
まずいくつかの今、湯浅さんがお話下さったことに関してコメントをしたいのですが、チェルノブイリ原子力発電所に格納容器がなかったということを、日本の原子力を推進してる人達がよく言ってですね、「その原子力発電所が欠陥なんだ」「日本の原子力発電所は格納容器があるから安全なんだ」というように主張しているのですけれども、実はそれが誤りです。

チェルノブイリ原子力発電所の方も、いろいろな事故を想定しまして、日本の原子力発電所で生じるような事故、冷却材が噴き出してくるような事故を考えて、そういう場所については、いわゆる格納容器がちゃんとあったのです。

湯浅:
そうなんですか?

小出さん
はい。ただし全く予想もしなったような経過で事故が起こってしまったがために、いわゆる格納容器というような物がない所から放射性物質が噴き出してきてしまったということなのです。ただ原子炉自身に欠陥があったということは本当でして、運転員が間違えたというよりは、むしろその原子炉の欠陥ということに重要な要素があったということです。

それから、放射性物質が飛散してきまして広大な地域が汚れたのですけれども、いわゆる日本でもそうですが、ロシアでも放射線の管理区域にしなければいけないほどの汚染を受けたのは、今湯浅さん、20万平方キロメートルとおっしゃいましたが、たぶん14万5000平方キロメートルです。

いずれにしてもあまり変わらないで、日本の本州の何割というような広大な所が汚染されてしまいました。そして、じゃあ現在どうなっているかということなんですけれども、事故が起きた直後に約半年かけて壊れた原子炉建屋の全体を鋼鉄とコンクリートで覆うような、私達が石棺と呼ぶ構造物を造り上げました。

ようやく放射性物質が中から出てこないような一応の対策をとったのですが、既に30年経ってしまいまして、その石棺があちこちでボロボロに壊れてきてしまっています。「何とかしなければいけない。どうしようか?」とずっと悩んできたわけですが、石棺に近づくとまた労働者が被ばくをしてしまいますので、石棺から300メートルぐらい離れた所に石棺全体を覆えるような、さらに巨大な構造物を今造っています。

私達、第二石棺と呼んでいますが、まだできていません。たぶんまだこれから1年、2年かかるだろうと思います。そして、それがようやくできた段階で、その巨大な構造物をレール上を走らせて、現在ある石棺の所まで移動させて、放射性物質が出ないようにすると。そういう計画の工事を現在やっているという所です。

ラジオフォーラム

湯浅:
30年経つわけですが、廃炉への取り組みっていうのは、そうするともうほとんどできていない?

小出さん
はい。一番問題なのは溶け落ちてしまった炉心、放射性物質の本体なわけですけれども、その本体はもともとあった炉心の真下の所に地下に流れ落ちていきまして、その地下で私達、「象の足」と呼んでいるのですが、いわゆる火山の溶岩が固まるような形で地下で固まっているのです。

ただそれに近づけば人間、即死してしまうというような危険物ですので、近づくことができないままで、今、石棺という物でこれまでも封じてきたし、これからも何とか閉じ込めようとしているわけです。でも閉じ込めたところで、その放射性物質がなくなってくれるわけではないので、いつの時点かでそれを何とかして始末を付けなければいけないのですが、その方策は未だにわかりません。

湯浅:
それが30年経ったチェルノブイリ原発の現状だとすると、福島まだ5年ということで、福島をチェルノブイリと比べて、小出さんがお感じになることというのはどんなことですか?

小出さん
チェルノブイリの場合でも、先ほど湯浅さんがおしゃって下さったように、40万人を超えるような人達が、いわゆる自分達の故郷を追われて、あちこちに流浪化してしまったわけです。その悲劇の重さというのは、ちょっと考えて想像つかないほどのものだと私は思いますし、福島でも未だに10万人を超える人達が流浪化してしまって、どうにもならない状態が続いているわけです。

たぶん福島でも、これから何10年もそういう状態が続いていくということでしょうし、本当にその苦しさと言うんでしょうか、一人ひとりだって家を奪われ、生活を奪われたら大変だと思うのですが、何10万人もがそういう状態になってしまった。チェルノブイリでもなってしまって、30年経っても解決できないし、福島でも5年経っても全く解決できない。他の施設の事故では、こんなことは決して起こらないというようなことが、原子力発電所の事故の場合には起きてしまうわけです。

湯浅:
今日もありがとうございました。

小出さん
こちらこそ、ありがとうございました。



ラジオフォーラムのキーワード検索
TPP アベノミクス イラク シリア ブラック企業 ヘイトスピーチ 吉田調書 大阪都構想 太平洋戦争 安保法制 安倍政権 改憲 日航機墜落事故 汚染水 特定秘密保護法 辺野古 集団的自衛権
>>キーワード一覧はこちら
ラジオフォーラムのアーカイブ
小出裕章ジャーナル